結婚式・披露宴のスピーチで気を付けたい基本マナー

知っておきたい結婚式スピーチの基本マナー

会場挨拶

結婚式のスピーチには独自のマナーがあります。
会社でのスピーチなどと違い使わない方が良いワードがいくつかございます。

忌み言葉を使わない

結婚式はお祝いの席です。別れる・割れる・切れるといった忌み言葉を使うのはやめましょう。

ついうっかり使ってしまう忌み言葉の一例
くれぐれも、逃げる、捨てる、帰る、戻る

ウケは特に必要ない

話が得意な人はスピーチとなるとウケをねらい会場をなごませようとしてしまう場合があります。
ですが結婚式は特別ウケを必要とする場ではないのできっちりとしたスピーチで締めくくるのがベターです。

ウケを狙いすぎて新郎新婦の失敗談を放り込んでしまったり、本人や親族の顔を立てたうえでのスピーチをできるように準備をしましょう。

スピーチ

新郎新婦のご親族に配慮する

多数ご出席されているご親族様が不快に思うことや、何でこの人がスピーチ担当なのかな?と疑問に思ってしまうようなスピーチはしてはいけません。
皆様が和やかな空気になるようなお祝いのスピーチをし礼儀をわきまえて話をしましょう。

無理に暗記せず、台本を読み上げても問題ありません。
会場のゲストの方々が飽きないよう長すぎず惹きつけれる文面を考えてスピーチを行いましょう。